リノベ後の玄関
自宅マンション玄関(after
 

夫婦で京町家に興味を持ったのは5年ほど前から、長江朗氏の著書「そうだ、京都に住もう!」を読んだのがきっかけだった。たまたま夜中にAmazonを見ていてほとんどタイトルのみでカートに入れてしまった。深夜仕事で疲れていたので仕事を忘れて鴨川でも眺めながら京都でのんびり暮らしたいなぁー!!そんな逃避願望があったのかもしれない?!
本の内容は著者がセカンドハウスとして古い京町家を購入し町家の良さを残しつつもモダンなスタイルにリフォームをするまでのこだわりの体験本。僕は若い頃はアメリカンミッドセンチュリーとか、ヨーロピアンモダンとかスウェーデンスタイルとか、洋風なモダンスタイルに憧れていたが、この本で初めて「和」がクールだと思った!いわゆる純和風な民芸調のことではない! あくまで和と洋の融合された町家モダンというところが味噌だ!
妻に話をしたら妻もその気になってしまい、いつの間にか夫婦で京町家が欲しい!と具体的に考えるようになった。

JUGEMテーマ:京都


にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 

売りに出ている古い京町家の物件を毎日ネットで検索しては素人なりにこれはリフォームにいくら掛かるかなぁ〜?などと夫婦で物件選びを楽しんでいた。そんな時に親しい不動産屋から京都の東山区にある小さな町家の出物を紹介された。真夏の京都の暑さを思うと足が重かったが、実際に見てみないと想いだけで終わってしまう気がしたので京都へ日帰りで下見に行くことにした。
丸太町通り沿いの不動産屋の前で担当者と待ち合わせて早々クルマで現地へ。場所は東大路三条の交差点から路地を少し入った白川沿いのいかにも京都を思わせる立地。自分也に町家の定義と決めていた”通り庭”と”坪庭”は付いていない築50年の2DKの小さな物件だったが、町家初心者の僕にとっては雰囲気は十分。外観は申し分ない。内装や水回りは和洋折衷でモダンにリフォームされていてオシャレだ。「わるくない、これなら妻も気に入るだろう!」
不動産屋の担当者が「この辺りは京都が舞台のドラマでよく撮影で使われるエリアなんですよ!」と一言。さらに「町家のような築古物件は税法上の建物の価値は低く固定資産税は年に数千円だから維持費も掛かりませんよ!」とぐいぐい押してくる。もっと多くの物件をじっくり見てからと思いつつも、最初の一軒目で僕はもうその気になってしまった。

JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

白川

東大路三条付近の白川
 
気分はもう町家の主人になっていた。「かっ・・買います!」早速に不動産屋の担当者と購入の相談をする。ところが詳しく話を詰めて行くと町家のような築古の物件には銀行の融資が付かないことが分かった。最近はセカンドハウス購入の目的で東京の人が京町家を求めに来るケースは多いらしい。しかしほとんどは融資が通らずに断念するとのこと。不動産屋の担当者が言うには「町家のような築古物件はキャッシュでの購入が常識!だから大抵は地元の資産家が店舗や道楽目的でキャッシュで買うものなんですよ」だって。「だったら始めから言ってくれよ! 」わざわざ京都まで来てからかわれたようで腹が立った。
よく考えれば、固定資産税がほとんど掛からないということは担保価値が無いということ。「そうだよな〜そんな簡単なこと最初から気付くべきだった。」しかし京都の文化財的建造物としては価値はあると思うけどなぁー!? 素人考えでその気になっていた自分に笑えた。それにしても京都の町家が取り壊されてビルや駐車場に変わっていく昨今、京都の町並み保存のためにももう少し担保の評価基準に斬新な考え方が導入されてもよいと思った・・。
JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 

その後もすぐには諦められずいくつかの銀行に話を聞いて廻ったが、結局どの銀行の答えも同じだった。そのうち頭も冷えて冷静になってきた。当初はセカンドハウスとして町家を手に入れることばかりを考えていたが、そもそも町家に住むということをもう一度考えてみた。住むということは建物だけの問題ではなく多少なりともその地域の慣習やマナー、コミュニティーなどの文化を受入れて生活をするということ。作家の麻生圭子さんの京町家の体験記を読んで納得できた。暑さ寒さは苦手、音漏れは気になる、ご近所付き合いは面倒、そんな都会のマンション暮らしにどっぷりと浸っていた我がままな自分たちが京都の町家独特の慣習や文化を受入れた生活ができるのか?そんなことを考えているうちに町家住まいの夢はたった1度の下見で潰えてしまった。
JUGEMテーマ:京都


にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

 


自宅の玄関(Before)


昨年、次男が社会人になって独立をした。大学生の三男もあと数年すれば家を離れる。この機会に自宅マンションを子供中心の間取りから自分たちが住みやすい間取りに変えようと妻が言い始めた。そういえばかれこれ20年近く使ったキッチンもかなりヘタってきた。町家が欲しいとか、夢をみているうちに我が家も随分と年代物になっていた。「この際、町家のことはしばらく棚上げにして自宅をちゃんとするかー!」そう妻に提案したら、妻が「ねぇ!どうせなら自宅のマンションを町家にできない?京都ではホテル住まいでいいんじゃない!」目から鱗だった! 例えば仕事で双方の意見が合わずAとBをくっつけたような折衷案になる場合がある。大抵つまらない案になることが多いが、このアイデアには興奮した。「そうだな!・・・そうだよ!・・・それで行こう!」
妻のアイデアに夫婦で盛り上がった! 
よく考えたら、このあたりで簡単に妥協できた自分たちは、やっぱり本物の京町家での生活は不向きだったと改めて悟る。


JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 

居間とキッチン(Before)


今までは子供中心の生活だった。3LDKの自宅に一時は家族5人が住み僕はその中で仕事もしていた。少しでもスペースを広げたいと何度かツギハギのようなリフォームを行った結果、とても人を招き入れるような部屋ではなくなってしまった。自然と自宅には人を呼ばなくなった。なんだか生き方が消極的になったような・・!? やっぱり家って大事だなぁーと感じていた。町家のセカンドハウスどころではなかったのだ。今度は自分たちが本当に望むスタイルでリフォームをする。いわゆるリノベーションってやつだ! そう考えると二人で胸が躍った。本物の町家の夢が棚上げになって負け惜しみじゃないけど、考えれば世田谷の自宅マンションに居ながらに京町家の生活が出来るなんて贅沢だ。何よりそのギャップがクール! 反対に仮に将来京都に住むのならむしろ思いっきりモダンな生活をしながら京都の町を味わった方が面白いかも知れない!?「ギャップを楽しむ!」自分たち夫婦が行きついたこの考え方が気に入った。

JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

木工事中

そうと決まれば行動するのははやい方だ。まずはリフォーム会社の選択だ! 以前、二度リフォームをやったことがあるが、何れも満足できなかった経験がある。一度目の某大手リフォーム会社の時には担当者が顔を出したのは最初と最後だけ、殆ど下請けさんに丸投げのようだった。大した仕事ではないと思われたのかプロらしいアドバイスもほとんど貰えずに、言葉はわるいが何もやらない会社に中間マージンだけを取られたような気分だった。これに凝りて二度目のリフォームは直接作業を行う工務店へ頼んだ。費用も安く希望した箇所も確実に仕上げてくれた。しかし別段新しいアイデアや提案も無くこちらの言った通りを忠実に行ってくれただけのリフォームで、仕上がりにわくわくするものは無かった。家は三度建てると本当に良い家が建つと聞くが、我が家も三度目のリフォーム。リフォーム会社の選択には最善を尽くしたいと思う。

 
JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 



中谷ノボル氏+アートアンドクラフト著の「みんなのリノベーション」という本を読んだ。リフォーム会社のタイプと選び方が分かりやすく書かれていて、これがけっこう参考になった。僕がリフォーム会社を選ぶ条件として一つだけ決めていたことがある。それは和風を得意としている会社ではなく欧風モダンなデザインを多く手がけている会社を選ぶこと。簡単に言ってしまえば板前さんに日本料理を造ってもらうのではなくフレンチのシェフに日本料理を造ってもらうようなことかもしれない。目指すデザインは和風リフォームではなく京町家&モダンなのだ。和のなかに洋をバランスよく取り入れた柔軟性のあるセンスが必要だと思った。できれば僕たちと一緒に京町家の面白さを学び発見してもらい、共に楽しみながらアイデアを練ってもらいたいと思っている。
 
JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 

 

昭和モダンな内玄関灯(after
 
自分達の気持ちに共感してくれるようなリフォーム会社を見つけたい!リフォームが成功するもしないもここにかかっている。まるで気の合う仲間探しのような気分かな。京都の不動産&リフォーム会社で「八清」という会社がある。古い町家を仕入れて自社でモダンにリフォームをし販売をしている会社だ。町家のもつ世界観をそっくり残しつつ、ある時はヨーロッピアンなデザインを、ある時は大正モダンなデザインをと、柔軟に他のデザインテイストを取り込んでは上手に町家にマッチングさせるリフォームが得意だ。以前からそんなセンスの良さに注目していた。
都内のリフォーム会社を熱心に探して廻る、しかしどの会社もピンとこない。「やっぱり京都かなぁー!?」と諦め始めていた頃たまたま仕事で開いたサイトのリンクから偶然飛んで、あるリフォーム会社を見つけた。作品例の中に和をイメージさせる作品は殆ど無かったが、そのデザイン性に何か引っかかるものがあった。サイトの印象もウェルカムな感じで自分たちの主張よりまずあなたの話しをじっくり聞かせてください!的な雰囲気。いいなぁー!と思った。掲載されたスタッフや職人さん達の顔はどの人も良い顔をしている。「良い仕事をしてきた人は良い顔になる?!」これでも30年間デザインの仕事をやってきた僕のプロを見る時の持論だ!※良い顔=イケメンのことではないです。
早速にメールをしてみると直ぐに返事があった。

 
JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

 

木工事中の棟梁のハマさん

リフォーム会社の名はケーズプロジェクト。純粋に最初に思ったのはケーズデンキが「リフォーム業を始めたのかなぁー?」だった。笑 早々に会うことになり妻と一緒に環八をリフォーム会社のある板橋へと向かう。「けっこう距離あるなぁー」「こりゃあ何度も通うのは大変だ!」「地元で探した方が良いかもしれない?!」そんなことを考えながら待合せの場所へ車を走らせた。着いてみると住宅街の中にあるモダンなカフェへのような・・??? 小さく「クラブ66」と書かれた エントランスのガラス戸でやっと目的の場所だと分かる。「でもここはカフェだよね?」戸惑いつつドアを開けると三人のスタッフが出迎えてくれた。 建築士の小野さん、施行管理士の鹿野さん、インテリアコーディネーターの清野さん。中へ案内されるとかわいいキッチンとカウンター。ウッドやタイルの使い方、全体のトーンに独特の世界観がある。聞けばこのカフェは彼らのノウハウがいたるところに詰った彼らのモデルルームにもなっているとか。「なるほど・・そうか! 百聞は一見に如かずって訳か!」堅苦しい事務所のソファーに通されて「さあご依頼は何でしょう?!」ではなく、彼らの世界観が演出されたカフェでコーヒーと美味しいケーキを食べながら雑談をするかのように本題に入る。そんなもてなしのセンスが気に入った。つかみはバッチリ!
リラックスした雰囲気の中、僕たちの京町家の話に興味津々で耳を傾けてくれ「楽しそう!!!」と共感してくれた。上からでも下からでもなく自分たちと同じ目線で話を聞いてくれている気がした。「この人達いい感じだなぁ〜。」
「では一度デザインラフをアップしてみましょう! そこまでは費用はかかりませんよ! 10日間ほど時間をください。」ということになり初回の面会は修了。実はカフェを出る時は内心ほぼ彼らに決めようと思っていた。
やはり人の出会いはファーストインプレッション!

 
JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 
続きを読む >>