三条通りの旧家邊徳時計店の階段

三条通りは明治の近代化が逸早く進んだ通りで今でも当時の建築物の幾つかを見る事が出来ます。その中の一つ旧家邊徳時計店は1890年の建築で木造建築の上に煉瓦を貼付けたという珍しい建物。長い間空き家のままでしたが今年の2月にマーコートというブティックに生まれ変わっていました。以前から建物の造りに興味があり今回ちょっと店の中に入ってみました。1階は大きな倉を中心に和洋折衷な造り、2階への回り階段がとてもアンティークだったので思わず2階へ上がったらそこはセール中!  一緒に行った息子に服を一着買わされるはめになってしまった。
 
JUGEMテーマ:京都
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 

1