清水坂の近くにおもしろディスプレイを発見
 
便利さや使いやすさをアップさせるだけのリフォームとは違って、今までの生活スタイルをも見直そうというのがリノベーション。
費用面は別として踏み切るにはかなり勇気がいる。新たなものを造る前には物理的にも心理的にも古いものを整理し捨てる作業が必要だ、僕はこれが苦手だった。人それぞれだとは思うが、僕にとっては家族の歴史や想い出が染み付いた物や環境を捨てたり壊したりするという作業は身を削るようでとても疲れた。計画面で行き詰まった時などは、新たなことは考えずにこのままの環境で住み続けた方が楽なのでは・・とも考えた。しかし住まいという器が変われば、長い間その中で生活をする人の心理にもきっと変化を与えるだろう。その変化が家族にとって良いものであってほしい! そう願って最終決断をした。そんな葛藤があってのリノベーションだったので決めた以上は開き直ってみた! この際これまで遠慮して出来なかったことを思いっきりやってやろう! そう思った。工事期間中の40日間は仕事も完全に休むことにした。僕にとっては初めて取る超ロング休暇だ。しかもその間は妻と二人だけで京都で過ごす。海外生活もあたりまえの時代に大げさな話しかもしれないけど私達夫婦にとっては大きなリノベーションだったように思う。
このブログは我が家の京町家リノベーションの工事の記録のために始めたつもりだったが、途中から旅行記のようになってしまった。これから始まる新しい自宅での生活に、京都での貴重な想い出を添えることが出来たことに感謝をしたいと思う。
JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

Comment