三条大橋付近 先斗町歌舞練場が見えますねぇ〜♪

仮に中古マンションを戸建へのステップとして考えている方は、売却時のことを考える必要があると思います。鉄筋コンクリート造りの建物の法定耐用年数は47年。一般に銀行は都心部などの収益性の高いマンションを除き、法定耐用年数を基準に融資の判断をすることが多いのです。法定耐用年数が残り少ない、もしくはオーバーしている建物は買う側の立場に立つと融資が通り難く買い難い建物ということになります。逆に見ると売り難い建物ということです。極端な言い方をすれば、立地条件が同じならば素人が見て美しくリフォームされた築古マンションよりも、見た目は悪くても築浅のマンションの方が評価が高いということになりますね。リフォーム済みの部屋を見るとどうしても見た目に惑わされてしまいますが当然その分も価格に乗っている訳なので、将来売却を考えての購入なら少しでも築浅の物件を購入対象にした方が良いということになります。

 
JUGEMテーマ:リフォーム
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 

Comment