近代文学館 名著初版本復刻 全98点並べてみました

半年ぶりにブログ再開です!
京町家ならぬ自宅マンションにて、町家生活を楽しんでいます!
スッキリとしたリフォーム直後の室内はいつの間にか生活感あふれる場に変身しています。
まぁ〜これが実際の町家でも現実の生活ではないでしようか?! 笑
前回までは妻と取り組んだ、我が家の京町家リノベーションの日記としてプログを書かせてもらいましたが、これからは、日々の「なんちゃって京町家生活」の体験話しや大好きな京都に関すること、住まいのことなどをくだくだ書かせていただきたいと思っています。
 
JUGEMテーマ:京都
 
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 


我が家の通り庭を巡回中のルンバ870

昨年のリノベではデザイン以前にバリアフリー化はどうしてもやりたかったこと。
終の住処にする以上、自分たちの老後の生活を心配してと言いたいけど、簡単に言ってしまうと僕としてはこのルンバをどうしても我が家の一員に向かえたかったのです。夢叶って、ルンバ君、今では我が家には欠かせない一員に! 毎日、西へ東へキッチンから仕事部屋までせっせと働いてくれています。ときどき通り庭の隅に敷いてある玉砂利を吸い上げては消化不良でエラーを起してぐったり!  かわいい奴です!
 
JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


新撰組土方さんと沖田さん
 

リノベの時にどうしても作りたかったのがフィギュア棚。隠し棚になっていて仕事部屋の格子戸を閉めると現れます。棚には数年前に流行った食玩の歴史フィギュアが所狭しと並んでいます。平安、戦国、幕末と京都で活躍をした主人公達。仕事でちょっと疲れた時でも眺めているだけで京都好きの私の癒しになってくれているのです。佐幕派も勤王派もありません、ライバル同士の源氏と平家、秀吉公と家康公も仲良く並んでいる姿はほのぼのします。


ひよどり越えの義経と那須与一

学生の頃、義経の足跡を訪ねて鞍馬寺から遮那王が天狗と修行をしたという僧正ガ谷を通り貴船神社までのハイキングコースを歩いたなぁ〜



龍馬さ〜ん、いい顔してる!

東山の霊山護国神社のお墓には以前はよく通いましたが、最近は人が多いのでゆっくり龍馬さんとも話せなくなりました。龍馬ファンが増えることは良いことですが、その分龍馬さんは遠くへ行ってしまった気がします。



三傑 信長公、秀吉公、家康公

僕は秀吉さんが好きですね! 京都でも秀吉公縁の地へはよく行きます。秀吉さんは大阪城というイメージがありますが、実はずっと京都の方に縁が深い人です。現在の京都の町の姿は秀吉さんが整備をしたと言っても過言ではないですね。
 

JUGEMテーマ:京都
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


IKEAのペーパーブラインド
 

最近はIKEAへよく通っています。実際に物を置いてみて気づいたことが京町家の室内は北欧のデザインと大変相性のが良いのです。IKEAで調達した椅子や家具、雑貨類は我が家の中で妙にしっくり落ち着いています。一見合わなそうなミスマッチの物同士がモダンさをより強調しているようです。ポイントはやりすぎないこと。あくまでバランスだと思います。昨日は、窓の暖房効率を上げるためIKEAのペーパーブラインド3,800円をすだれの内側に付けてみました。このブラインドは伸ばすと断面に空気層をもつ中空ができるため断熱効果が高いとのこと。和のすだれと、さりげなくおしゃれにマッチしています。
 

JUGEMテーマ:リフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


朝方の出町柳ふたば
 

リノベ期間中に京都で過ごした日々は今でも夫婦のよい話題になっています! そこで今日はその間によく通った京都の甘味処と大好きな甘味を並べてみました。出町柳ふたばの福豆大福、中村藤吉本店の冷やし抹茶汁粉、小山園の抹茶のロールケーキ、栖園の琥珀流し、出町柳みつばちのまめかん、弥次喜多の善哉、一条通りの長五郎餅、六曜社の100円ドーナツ、賀茂みたらし茶屋のみたらし団子、かさぎ屋の亀山、祇園鍵善の葛切り、今宮神社のあぶり餅。その中でも出町柳ふたばの「福豆大福」は特が付きます。「豆餅」の方は東京の高島屋デパートでもたまに売られるのですが「福豆大福」は東京で求めることが出来ないのが残念です。
 

JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

竹邑庵太郎敦盛のあつもり蕎麦

次は京都の好きなお店と食べ物を上げてみました。錦市場まるきの親子丼、第一旭の中華そば、スマートのホットケーキ、おかきたのあんかけうどん、清水坂よしむらの蕎麦、Kawaカフェの石釜ピザ、御幸町通りのカフェMOLEのひよこ豆のカレーライス、丹波屋のちぎり餅、東福寺駅前の葱蛸の冷やしキュウリ、スタンドの日替わり定食、今熊野商店街とらやの木の葉丼、祇園権兵衛の親子丼、先斗町やすべいのお好み焼き、福菜会館の焼き飯、伊右衛門カフェの抹茶ピール、烏丸御池スペイン料理フイゴのパエリア、京極かねよのうな丼、今熊野商店街パン屋ゼベッケンのチョコキューブ、特に竹邑庵太郎敦盛のあつもり蕎麦はcoolです。たっぷりの葱と卵を落とした麺つゆに浸して食べる温かな蕎麦は絶品! 最近では京都へ行くだびに通っています。
 

JUGEMテーマ:京都
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 
僕が鍾馗さんの魅力を知るきっかけとなった小沢正樹さんの本です。いったい鍾馗さんとは? なぜ京都で多く見かけるのか? などの疑問に答えてくれながら、京都の町で見かける鍾馗さんをエリアごとに別けて紹介されています。いろいろな表情の鍾馗さんの写真を見ているだけで気持ちが和やかになれる本です。
 
JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 


伏見稲荷の千本鳥居

自宅の台所に置くために伏見の布袋人形を買い求めるつもりで、2月の初午の日に東京から車をとばして伏見稲荷へと出かける。僕は陶器市でよく売られている招き猫のようにその日は布袋人形が門前町に所狭しと並び、それらを京都の人々が挙って買い求める光景を想像していた。ところがまったくの予想外、布袋人形はどこにも見当たらない?! 土産物店のおばさんに話しを聞くと、今では伏見に一つか二つ有る工房だけで値の張る置き物として売られているとか?! 京都の庶民は布袋人形を毎年一体づつ買い求め、しかも徐々に大きな物を買い足していくという話しを聞いて、いいもんだなぁ〜と思っていました。今でも続いている京都のよき庶民文化だと思っていたので、ちょっとがっかり。
 
JUGEMテーマ:京都

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 

栖園の福かぶり
 
今日の京都は特に寒い! 誰かがこの冬一番の寒さと言っていた。六角堂にお参りをした帰りに栖園の「福かぶり」を食べる。餅米のもっちりとした食感とこし餡の合わせが絶妙、ほっこりしていて冬にぴったりの甘味だと思う。冬に好きな甘味と言えば鶴屋吉信の「粟善哉」もいいけど、こちらも大好きになった。
 
JUGEMテーマ:京都
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
 


三条通りの旧家邊徳時計店の階段

三条通りは明治の近代化が逸早く進んだ通りで今でも当時の建築物の幾つかを見る事が出来ます。その中の一つ旧家邊徳時計店は1890年の建築で木造建築の上に煉瓦を貼付けたという珍しい建物。長い間空き家のままでしたが今年の2月にマーコートというブティックに生まれ変わっていました。以前から建物の造りに興味があり今回ちょっと店の中に入ってみました。1階は大きな倉を中心に和洋折衷な造り、2階への回り階段がとてもアンティークだったので思わず2階へ上がったらそこはセール中!  一緒に行った息子に服を一着買わされるはめになってしまった。
 
JUGEMテーマ:京都
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ